title-%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82%e3%81%ae%e5%9f%8e%e3%81%ab%e3%81%8a%e8%bf%8e%e3%81%88%e3%81%a7%e3%81%99

BLOG

先生のオリザニン

2014/06/27


先日、三越劇場の「先生のオリザニン」を鑑賞した。
チケットがあったので、あまり期待しないで行ったが、感動的だった。

 

オリザニンとは、ビタミンB1の別称。
鈴木梅太郎が当時の国民病である”脚気”の研究で見つけた有効成分。
同時期に研究していたフンク(ポーランド)がビタミンと命名して、
ビタミンという名が知れ渡った。
本当は梅太郎の方が発見が少し早かった。

 

鈴木梅太郎は、静岡の農家の出ながら徒歩で東京に向かい、
農林学校(のちに東京帝国大学に併合)に入学し、教授にまでなった。
種々の研究成果を残しただけでなく、篤志家としても文化勲章を授与された。

 

東京で書生となってお世話になったのが、
辰野金吾;建築家(東京駅、日銀本店、有名な小樽支店、国技館、霊南坂教会等)
その息子、辰野隆は小林秀雄、三好達治を育てた東大教授の仏文学者
その娘は、梅太郎の妻になる。

 

梅太郎が師事した古在由直(農芸化学者、のちに東大総長)は、
日本で最初の公害として有名な足尾鉱毒事件で、銅汚染を実証して、
田中正造たちをバックアップして産業界と戦った。

 

二人の博士は、
高潔、純粋、誠実、科学者としての良心があった。

 

そのうえ二人とも、日本の教育界の発展に貢献し、
農業分野、栄養、食品分野等、日本の産業界にも多大な利益をもたらした。

 

明治時代は、指導者となるべく人々は、みな高い地位で繋がっていて、
そういう指導者のもと、時代が正しいと思われる方向に導かれていた。

 

ひるがえって現在は、指導者たるものがいるのだろうか?

 

 

627

 

 

 

 

 

浅田次郎「終わらざる夏」から感動的な文章

2014/06/16


戦争に翻弄された市井の人々の感動的な言葉に泣かされた。

 

   疎開地で終戦をむかえた子供たちに先生が話す言葉。
『天皇陛下が何とおっしゃろうと、みなさんに耐えがたきを耐えとは言えません。
みなさんがこれまでずっと、耐えがたきをたえ、忍びがたきを忍んできたからです。
お父さんが戦死なさった人、お母さんやご家族が空襲の犠牲になった人、
ほとんどの家は、焼けてしまいました。
もうがまんできないことはがまんしなくていい。
自由に物を考え、自由にしゃべり、自由に行動して、
ただしその自由な行動については、おのおのが責任を持って下さい。
しっかり勉強をして、この戦争で亡くなられた方々を、けっして犬死としないように、
平和で豊かな日本を作り直して下さい。』

 

   年齢制限ぎりぎりで占守島に送られ、戦死した通訳者が奥さんに
   宛てた手紙で、
『戦争がついに終わりました。これだけの尊い人命が失われれば、
もう二度と戦争は起こりますまい。
仮に戦う事が動物の本能であったとしても、人物の霊長たる人類は
行為の愚かさに気付いて、永遠に戦争という悪業に封印をすると僕は確信します。

 

 

戦争の結果としての平和はかくも虚しく、勝とうが負けようが
失われた命は帰ってこないのだと悟るでしょう。

 

 

二度と戦争はせぬ事。人類は必ずそう誓いを立てます。』

 

ある方が仰っていた。
3代続くと歴史は忘れ去られ、同じ間違いを繰り返すと。

 

 

 

3年目のハイビスカス

 

716

 

 

2年目の紫陽花

 

716(2)

 

726(3)

 

 

 

 

 

ポカラの会

2014/06/02


もう25年くらい前に、
サイババというインドの超能力者を紹介した「アガスティアの葉」を読んだ。
その中にネパールのポカラというヒマラヤのふもとの街で、
ネパールの貧しい人々のために全霊をささげておられる大木神父の事が
記されていた。マザーテレサの男性版に深く感動した。

 

心打たれながら読み進んでいると、
本の最後に大木神父への寄付の宛先、ポカラの会があった。
日本で大木神父を支援している倉光先生。

 

居ても経ってもいられず、すぐ寄付させて頂いた。
大した額ではなかったにもかかわらず、
「このお金はある家族の1年分の、、、になる、あなたの温かい思いやりは、、、、云々」
見ず知らずの私への倉光先生の心のこもった返信に涙が止まらず、
友人知人に見せては感動していたのを、今でも忘れることは出来ない。
その後も、寄付するたびに自筆のお礼状や、カードが届く。

 

倉光先生は集まった寄付をポカラまで運び、時には役人に
搾取されそうになりながら、一銭も無駄にすること無く届け続けた。
一度でも寄付した方には、ポカラの会の会報を自費で郵送していた。

 

このお金は郵送費に当てて下さいと、時々送金しても、
ポカラの会に入れますと、決して受け取らなかった。

 

80歳を過ぎてもお元気に飛び回っていらした倉光先生が、
今年の始め心筋梗塞で突然亡くなられた。
30年以上にもわたったポカラの会の活動は終焉した。

 

大木神父、倉光先生、シスター川岡、ポカラの会の方々、
私はクリスチャンではないが、
本物の方たちと不思議な縁で結ばれていたことは私の宝であった。

 

心の支えであったポカラの会は、倉光先生とともに消えてしまった。

 

 

 

 

けなげに咲いて夏を告げる道端の花

 

 

62

 

62(2)

 

62(3)

 

 

 

 

 

プレゼンテーション

2014/05/28


先日テレビ番組で、オリンピックを東京に招致した英国人のニック・バーリー
のインタビューを聞いた。
彼は、キャメロン首相やプーチン大統領にもレクチャーしたとか。

 

日本人のプレゼンテーション力について、聞くと、
日本の企業のトップは退屈そうに話す。

 

自分が面白くなければ、聴衆もつまらない。
自分自身で、自分の話に興味が無いように見えてしまう。

 

話す時は、ゆっくり、簡潔に、パワフルに、情熱的に話す。
声の力や響きも大事。

 

アピールするポイントは、シンプル、クリアな構成にし、
発音しやすい単語を選ぶ。

 

日本人はもう少し、訓練が必要だと言っていた。
効果的プレゼンはトレーニングが必須。
have to practiceを強調していた。

 

最近、2つの女性講師のセミナーに参加する機会があった。

 

バーリー氏推奨のオーバーなジェスチャーはなかったが、
控えめでありながら、分かり易く、話の内容に引き込まれた。

 

国際的には、パワー不足に感じられるかもしれないが、
日本人にとっては、このくらいが、すっきりと好感が持てる。
日本人の女性も、なかなかのものだ。

 

また、日本人のプレゼンにエネルギーが感じられないのは、
日本語の抑揚が平坦なせいで、
他の言語を使う場合は、それなりに出来るのではと思った。

 

 

 

初夏の表参道界隈

 

 

528

 

 

528(2)

 

 

528(3)

 

 

 

 

 

プロトコール

2014/05/19


先日、グローバルスタディという研究会に出席した。
初回ということもあり、
「国際儀礼の基礎知識」プロトコールの題での講演だった。

 

演者は外務省で主に儀典を担当していた寺西千代子氏。

 

国際人とは、
国内でのセレブが必ずしも国際的に受けるとは限らない。
自分の価値観、日本の価値観を振りかざさないこと。
日本での自分の地位や立場を自慢したり、強調したりしない。

 

うん、いるいると、政財界のお偉方の顔が次々浮かんだ。

 

寺西氏が“国際人”と云うと真っ先に浮かぶのが、
緒方貞子先生をあげるとの事。

 

私も、最も誇れる日本人の一人だと憧れている。
媚びることもなく、居丈高でなく、フェミニスト過ぎない。
自然体ですごくステキである。

 

様々なインタビューでも
経験に基づいた深い洞察力、明察力、
知的センス、
話の内容も深く共感でき、納得させられる。

 

また、寺西氏お奨めの教材は、
BS国際ニュース;
日本の新聞では扱わない世界の情報を発信しているので、
井の中の蛙にはならない。

 

語学番組;
最近の語学番組は、会話を教えるというだけでなく、
その国の文化や習慣、身近な問題を提示しているとの事。

 

尚、講演内容は“国際儀礼の基礎知識”と云う表題の寺西氏の本に詳細が記載されている。

 

 

 

 

 

 

 

科学者

2014/05/09


連休が終わり後は夏を待つばかり。
梅雨入りは遅いが長く続くとか、長期天気予報で言っていた。

 

STAP細胞騒動も、少し影をひそめてきたと思ったら、
山中教授の論文にも、改ざんがあったとか、なかったとか、
こうなると何を信じて良いのか。

 

山中教授の場合は、十数年前のことでデータが紛失してしまったとか、
実験ノートの存在が不明とか、
顔を歪め苦渋の表情を浮かべながら弁解と謝罪を繰り返していた。

 

確かに山中教授の落ち度はあっただろうが、
科学者の世界は性善説で成り立っている。
このように性悪説からの見方が蔓延してしまうのもどうかと思うが、
すべてに不信感から出発する必要があるのではと思ってしまう。

 

コンピューターが無い時代は、
画像改ざんや、コピペも不可能だった。

 

また、研究費をめぐる争奪戦も、
金権主義の資本主義のなせるわざ。

 

病気で苦しんでいる人を救うための研究は、どんどん進めて欲しいが、
科学技術に人間の生死をもてあそぶような研究は恐怖を感じる。

 

小保方氏が“若返りも夢ではない”と初会見で言った時、
非常に違和感を感じた。
人間はいつか死ぬ。
避けられない自然の摂理だ。

 

 

 

 

オバマ大統領

2014/04/30


リッチモンドスクールの周りにも警察官の姿が目立ち、
いよいよオバマ大統領が来日した。
羽田からの長い隊列は世界の最要人であることを物語っていた。

 

“May the people of the world join together to promote justice, peace and a shared prosperity.”
“世界中の人々が正義と平和、繁栄を推し進められますように。”

 

上記は、大統領が明治神宮で書いて結びつけた絵馬のことば。
宮司さんが、大切に保管しますと云ったら、
大統領は、ここに吊り下げないで仕舞ってしまうと、私の願いは叶わないのでは、
と心配なさっていた。

 

両国の友好とか、言わないで、
“世界、世界の人々”と言ったところが、
平和主義のオバマ大統領らしく感動だった。

 

オバマ大統領は、来日中かなり固い表情だったが、
天皇・皇后陛下の前では、
柔和な満面の笑顔が見られた。

 

両殿下の平和主義と
オバマ大統領の平和主義が
一致した方向を示している為だと思う。

 

かつては世界の警察と言われたアメリカで、
オバマの弱腰外交とか、
アメリカの影響が薄れたとか、言われているが、
オバマ大統領は、平和的に解決したいのであって、
武力で解決する事は解決ではないと思う、平和主義・理想主義者なのだ。

 

そういう意味で、尖閣の問題は日米安保案件ではあっても、
平和的に解決しないと大変な事になりますよ、と釘をさされた格好だ。

 

不穏な世界情勢のなか、
本当に世界中が平和になるために、“武器よさらば”と願わずにはいられない。

 

 

 

 

我が家のラン

14430  14430(2)

 

14430(3)              14430(4)

 

 

 

 

 

 

面接

2014/04/21


良い先生を探すための面接が続いている。
先日、Jamaicaの女性を面接した。

 

前のブログでも書いたが、
様々なNative Speaker から英語を習うのは良いチャンスだと思う。

 

Jamaica人を面接したのは初めてだ。
Jamaica はカリブ海の島の一つ。キューバやハイチもカリブ海に浮かぶ。

 

カリブ海に浮かぶ島々は、
西インド諸島とも呼ばれ、
バハマ諸島とアンティル諸島に大別され、
大小数千の島々がある。

 

かつては、フランス領、オランダ領、スペイン領等、
ヨーロッパの植民地だったため、
島によって文化、言語が違い、
各植民地の影響を強く受けているとの事。

 

北米、南米大陸に近い為、
アメリカの影響を受けているのかと思ったが、
ジャマイカは1962年までイギリス領だったため、公用語はイギリス英語。

 

彼女の出身大学もロンドン大学のジャマイカ分校だったが、
現在は独立している。

 

彼女の話す英語は、
イギリス英語より少しフラットで、アメリカ英語より優雅で
聞き易い。

 

面接終了後、
授業を受けていた生徒さんにも紹介し、
ジャマイカについての質疑応答(?)に生きた授業が行われた。

 

恥ずかしながら、私にとってジャマイカの認識はレゲエだけだったが、
知るは楽し、の実践だった。

 

 

 

 

女性の願いなら一つだけ叶えてくれると云われている石神様

(鳥羽市相差町)

144  144(2)

 

 

 

 

 

在日欧米人

2014/04/14


先生募集を3か月にわたって行っている。
以前は、一回の募集で捌ききれないほど応募者が殺到したが、
今回は、悲しいほど少ない。

 

特にイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア等、
日本で人気講師のNATIVEが皆無といってよい状態。

 

日本は見捨てられてしまったのか?
特に英語の先生は、中国、韓国、台湾、タイ等、アジアの国に行ってしまったらしい。
確かに、表参道あたりの住民と思われる欧米人は少なくなった。
旅行者らしき人は、欧米人も少なくないが、アジア人が圧倒的に多い。

 

経済が低迷していることに加え、
成長しきってしまった日本は、欧米人にとって魅力的ではないのだろう。

 

英語教育を生業としている業界にとっては、危機感がある。

 

ただ、5億人以上のNATIVE SPEAKERも欧米人だけではない。

 

イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、
インド、シンガポール、南アフリカ、アフリカの国々、等、
英語が母国語の国はかなり多い。

 

その上、英語が母国語ではなくても教育は英語という国も多く、
世界の英語人口はかなり多い。

 

確かに、、、、日本訛り、何とか訛り、というように訛りが国によりあるが、
強い訛りでなければ、(特に在日している先生は、自分の訛りに気を付けている)
むしろ様々な訛りを聞くことによって、耳もなれるし、世界が広がる事もある。

 

リッチモンドスクールとしては、国籍は拘らないが、
生徒さんのイメージとしてはやはり重要な要素ではある。

 

欧米を学ぶ、欧米にある種の憧れを持って英語を学ぶ時代は過ぎ去り、
英語を通して世界を学ぶ、
日本を発信する、
という時代を迎えたのだろう。

 

 

 

414

 

 

 

 

英語力(3)

2014/04/07


先週に引き続き、英語学習について、

 

週刊STのJames Tschudyのコラムで

 

Learning a foreign language is a lifelong activity.
I don’t think you ever reach a point where you can say you have learned enough.
There’s always something new, so make sure your efforts don’t let up.

 

外国語を学ぶ事は一生涯のこと。
もう充分学んだという地点に到達することはないと思う。
常に何か新しいことがあり、だから決して努力を怠ってはいけない。

 

リッチモンドスクールの生徒さんは、みな長く通われている。
一番長い生徒さんは20年、
10年以上の生徒さんも多数いらっしゃる。

 

英語を学ぶ事をライフワークとしている。
英語を通じて、知識を広げ、意見交換を楽しんでいる。
人生を豊かにする。
素敵なライフスタイル。

 

教室で交わされるsophisticateされた会話は、耳に心地よく響く。

 

Join the Richmond club

 

 

 

表参道の春をお届け

1447 1447(2)

 

 

 

 

 
お問い合わせ