title-%e5%bf%83%e3%81%8c%e6%b3%a1%e7%ab%8b%e3%81%a1%e3%81%84%e3%82%89%e7%ab%8b%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%82%92%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%99%e3%83%99%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%aa%e6%96%b9%e6%b3%95

BLOG

2019年クリスマスパーティー@リッチモンドスクール

2019/12/25


 

今年も終わろうとしている。
32回目のリッチモンドスクールのクリスマスパーティーも無事終了。

 

ちまたでは忘年会スルーが主流だそうで、
リッチモンドのパーティーも参加者は減少しているが、
皆と話が出来、沢山のお手製料理を味わうことが出来て、
ゆったりと落ち着ける。

 

30年前は、年に数回サマーパーティーやフェアウエルパーティーも行った。
当時は、パーティーというと講師の友人知人の外国人が大挙して押しかけ、
映画で見る世界、欧米の若者のパーティーさながらの喧騒だった。
私も先生も生徒さんも若かったし、”外国人に交じり日本じゃないみたい”と楽しかった。
次の日、二日酔いとしゃべりすぎ、はしゃぎすぎでぐったり疲れた身体に、
もう飲まないと何度誓った事か。

 

また何回かサプライズパーティーも行った。
私へのサプライズもあり、
Carlaという可愛い先生が秘密裏に仕切っていたが、
携帯のない時代、ケーキ屋さんからの電話を私が取ったり、気づいてしまった。
先生へのサプライズも行ったが、どういうわけか必ずばれていた。
遠い昔の出来事、ついこの間の事の様でもあるが。

 

今年は中国人家族、カナダ人、イギリス人、日本人と、日本語・英語・中国語が飛び交う。

国境を越えて人類は一つ。

 

また、数年前の生徒さんが中国人の可愛いいフィアンセを連れて来てくれた。
F氏が祝い唄でお祝いをし、皆でお二人に祝福の拍手。
温かい風が吹いて、和やかな時間、良いパーティーだった。

 

 

 

 

 

 

 

写真説明  F氏のお祝い唄

 

 

IMG_1485 IMG_1475

 

 

 

IMG_1461 IMG_1478IMG_1472 IMG_1463

 

 

中国語でガールズトーク

 

IMG_1498

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界で最も尊敬された中村哲医師 ―今そこにいる苦しむ人の為にー

2019/12/09


中村医師が銃撃されたというニュースに全身の力が抜けた。

涙が止まらない、とか茫然自失とか、信じられないとか、
怒りと悲しみに溢れた、おびただしい数の追悼コメントが、
世界中から誰よりも多く寄せられている。

 

昨年春、私は数十年の夢が叶い、先生の講演を聴ける機会に恵まれた。
憧れの中村先生は、何処にあの情熱が隠されているのだろう、
小柄で洒落っ気の全く無い素朴な赤ひげ先生。
そこで語られた言葉の重みは、私の陳腐な言葉では語りつくせない、
心に突き刺さる。

 

彼の生きざまは、超人的でありながら、気負いも衒いもない。
苦しむ人のために、世界から忘れられた人々のために、情熱を傾ける。
武器ではなく、井戸を、用水路を、命の水を。

 

中村先生の著書;“医は国境を越えて”から
《そうそうと流れる渓谷のせせらぎが闇に聞こえる。このアフガニスタンの山中で、日本の誰も味わえぬ平和なひと時をかみしめる。これも役得だろう。見上げるといつもながら降るような満点の星屑である。北極星を探して東を定め、遠い日本に思いを馳せる。(略)
ここでは、生も死も、悠久の大自然の中に忽然と溶け合っている。(略)
ここ極貧の「文明の辺境」では、分を超えた生への執着や「不安の運動」から、私たちが自由であることに感謝した。》

 

アフガニスタンの辺境の地で、最も否定した武力によって命を奪われた先生を思い、
我々は畳をかきむしるほどの、悲しみのどん底に突き落とされているが、
中村先生は悠久の大自然の中で生死を超えて生き続けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1440  IMG_1445

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学受験の英語

2019/11/08


 

 

共通一次やセンター試験等、受験システムの変遷は紆余曲折、試行錯誤、

“これだ”というオールマイテイーはない。

遥かかなたの私の時代は、各大学独自の試験のみで、

受験システムによるストレスは全くなく、単純明快だった。

 

 

今の受験生は可哀そう。

勉強以外に考慮することが沢山ある。

施行者の都合が優先している感じだ。

英語の試験以外の教科にも問題が噴出している。

やはり、世に云う利権に絡む問題か?

誰かが、ある種の人々が、得をする!

How dare you!

 

 

日本の英語教育に関して、

英語を話せない日本人を返上したいと、上から下まで大騒ぎ。

 

 

リッチモンドスクールで30数年間、日本人の英語力をみてきて

結論は、教育内容ではなく、本人の英語への興味、努力、環境。

中学高校で習う基礎である英文法をしっかり理解、勉強すれば、

話せるようになると断言できる。

 

 

欲を言えば、未就学の時、耳から入る音から英語に馴染む。

学校に行って、読み書き文法を学び、肉付けする。

ことさら会話力会話力という必要はない。

 

 

会話が出来ないのは、英語力ではなく本人の話す力不足だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  IMG_1259  IMG_1378  IMG_1272

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

How dare you!

2019/09/27


 

This is all wrong. How dare you! (略)

You have stolen my dreams and my childhood with your empty words. (略)
We are in the beginning of a mass extinction.
And all you can talk about is money and fairytales of eternal economic growth.
How dare you!

 

全部間違っている。よくもまあ、そんなことを!
あなた達はむなしい言葉で私の子供時代の夢を盗んだ。
もう既に大量絶滅が始まっている。
あなた達が話すことといったら、お金と永遠の経済成長というおとぎ話ばかり。
よくもまあ、馬鹿なことを。

 

16歳のスウェーデンのグレタさんの怒りのスピーチ。
世界中で起きている気候変動の元凶である温室効果ガス排出問題を重要視せず、
経済成長ばかり言っているアメリカ、日本をはじめ
無策の各国主脳たちに向けて怒りの涙のスピーチ。

 

世界各国で何百万という若者中心に温暖化対策を求めるデモが行われた。
日本でも国連大学前に若者が集まり抗議デモを行った。

 

仮に経済成長で豊かな生活を手に入れたとしても、
地球に住めなくなったら、何の意味もない。
若い人には本当に深刻な問題だ。
大人も自分たちの事として、もっと深刻に受け止めるべきだ。
先日の千葉を直撃した台風による強風、豪雨、竜巻、
毎年驚異的に高温多湿になっていく。猛暑、温暖化による生態系の激変へと、
全てが繋がっている。

 

もう既に発せられている自然界の警告に、
危機感を持って、解決策を講じなければ取り返しがつかない。
How dare you!

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1330  IMG_1344  IMG_1347

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月は歴史に向き合う特別な月にしたい

2019/08/19


 

広島、長崎の原爆投下、そして終戦記念日。
これらの日々を噛みしめて、歴史の史実に基づき振り返ることが必要ではないか。

 

戦争経験者、原爆の被害者にとっては歴史ではなく、今も続いている苦しみなのだ。
戦争犠牲者の苦しみは、
普通の苦しい過去の様に、過ぎてしまえば懐かしい想い出とはならず、
思い出すにはあまりに辛く、苦しみを心奥深く封印しなければ生きられなかったのだろう。

 

しかし、話すことが出来ずにいた人々が、今、語り始めている。
それは決して傷が癒えたのではなく、
命があるうちに語り継がなければ、犠牲となった数百万の精霊に対し申し訳ないと、
悲惨の経験を語り始めたのだろう。

 

父母から聞いた戦争。
焼夷弾に逃げまどう空襲、
親兄弟も死に、家も焼け一人放り出された戦争孤児たち。
子供の頃見た手足のない傷痍軍人。
広島、長崎の原爆の地獄絵。

 

私は戦後生まれの第一陣として、
決して忘れず、語り継いでいく必要がある。

 

理不尽に戦争で奪われたたくさんの命に対して、
尊い命と引き換えに犠牲を払ったのだから、
二度と戦争を起こさないよう、
平和を維持し続ける義務がある。

 

 

 

 

 

 初めての収穫物

IMG_1194      IMG_1280

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心が泡立ちいら立つのをなくすベストな方法

2019/08/02


 

梅雨明け後の急激な猛暑も加わり、日本の将来への漠然とした不安のなか、
ざわざわと心の泡立ちを感ずる。

 

そんな時に究極の方法があるという海原純子先生のお勧めは、
「自分の進歩」「自分の進化」に争点を当てて過ごすこと。
自分が昨日より少しでも進歩したか否かを考えながら過ごすことで
雑念が消える。
他人との比較ではなく、自分に焦点を当てるという。
焦点を定め、そのことを進歩させることに集中させると雑念が消える、と。

 

昨年は大谷翔平君の爽やかな容姿と態度に心洗われ、
今年はバスケットの八村塁君に注目している。
あれだけ注目を浴び、巨額の契約金を貰っても、
全く変わらない自然体のおおらかな態度。

 

インタビューでも、“色々苦しいことがあったでしょう”と言われても、
“NBAに入って活躍することが僕の目標、日本人にとっても始めてだし、
目標があったから大変ではなかった“、と語っていた。
まさに、「自分の進歩に焦点を当てた」がもたらした結果。

 

インタビューで、どこの都市が好きかと聞かれて、
遠くを見て、懐かしそうに故郷の富山と答えた。
山に囲まれ、海に面し、静かな落ち着いた街、そう云う所が好きです、と。
あの静かな胆力は、豊かな自然から生まれるものなのか。

 

さて、私は、「自分の進歩・進化」
凡人なので、小さい目標をたて、心穏やかに過ごしたい。

 

 

 

IMG_1311    IMG_1316

 

IMG_1264  IMG_1262  IMG_1317

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラッセリー・ホロホロ

2019/07/19


 

オシャレな看板の向こうに緑が見え、入る時にいつもわくわくするホロホロ。

ドアを開けると、ぽっかりとそこだけ別世界、心地よい喧騒に包まれる空間。
スタッフもお客さんも美しく、居心地よい趣味の良さ。

 

美味しいものが食べたいなあと思う時、必ず浮かべるホロホロ。
でもその時はもう遅い、今の今は絶対ダメ。
予約が取れないブラッセリ―にランクインだと思うくらい、いつもいっぱい。

 

ああ、でもでもそんな愛してやまないホロホロが先週でクローズ。
あの料理もスタッフともお別れ、何とも哀しい。

 

ビルが建て壊しになるという。
東京の建設ラッシュのあおりを受け、ステキな場所が、文化が壊されていく。

 

9年前、コピーライターの生徒さんの紹介で、
ホロホロのマダムのJ子さんが,英語が必要になりそうで習いたいといらした。

 

始める直後、メニューの英訳とかを先生と相談などしていた。 
お店のスタッフのS子さんもお通いくださったりしたが、
お忙しくなって時間が取れなくなり間もなくお辞めになった。

 

それ以来の深くはないお付き合いだが、
J子さんは独特の魅力があり、勝手にファンになっていた。

 

閉店の彼女の挨拶文・・・
【最初は移転も考え進めてまいりましたが、表参道のこの場所でholoholoを終わらせるのも
私の生き方として良いのかもしれないと思い直し、閉店することを決めました。】

 

彼女の潔さに脱帽だ。
J子さんの次の舞台、楽しみに、応援している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1284   IMG_1283

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優秀だなあと思われる人

2019/07/08


 

ある人事部担当者が、「優秀だなあ」と思う学生や若者に会って分かったことは、
彼らの親は大体厳しい親だという。

 

私もリッチモンドに通ってくるお子さんを見ていて、確かに親御さんが厳しいとお子さんは良い子だ。
80%は親御さんとお子さんの態度・姿勢は一致する。

 

そんなに厳しくしなくてもと思うが、子供なりに納得して従っている。
可哀そうに、と思うくらい叱られ、私たちに時々不満を言ってくるが、
それでも、ひねくれることなく素直な立派な大人になっている。

 

親にとって子供は甘やかす方が簡単、わが子可愛さゆえに、つい手助けしたり、
少々の我が儘は聞いてあげたくなってしまう。

 

子供を叱れる親は、
自分が常に襟を正さなくてはいけない。
従って、そういう親はしっかりした生きる姿勢を身につけている。

 

昨今は、叱らない親が多いため、世の中がめちゃくちゃになっている。
親自身が基本的ルールを身につけていないので教えられない。
小学校の教室はどんちゃん騒ぎ、先生もお手上げだそうだ。

 

特に高学歴、地位の高いと言われているような人々の
あまりにも常識を逸しているような言動や行いに、日本国中乱れていく。
悪貨は良貨を駆逐することにならないことを願う。

 

 

 

 

 

 

IMG_1260 IMG_1261 IMG_1262 IMG_1264

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サザンオールスターズ

2019/06/21


 

先日、サザンオールスターズ全国ツアーの最終を後楽園ドームで堪能した。
私は大ファンというわけではないのだが、
チケットが手に入るのであれば勿論、あのサザン、行きたい。
というわけで、久しぶりに“サザンオールスターズ”に行った。

 

おばさん達には馴染みの薄い曲、つまり最近の曲が多く、
70年代、80年代の懐かしい曲が少なく、我々としてはちょっと寂しかった。
サザンは現役で進化しているのだから、当然と言えば当然ですが・・・。

 

また以前には感じなかった彼らの歌詞が、
なにげに教養に裏打ちされた言葉を紡いでいることを再発見。
彼らの奥行の深さを感じた。

 

久しぶりに見るサザンは、サポートメンバーも充実して、
独特の迫力あるハーモニーを奏でていた。

 

還暦を超えても、ますます声に深みと艶が出た桑田佳祐さん。
また、何といっても息の合ったオリジナルメンバーの信頼しきった関係。
阿吽の呼吸、皆で作るサザン。
暖かさが客席にも伝わってくる。

 

桑田佳祐さんがサラっと言う40年。
家族の不幸や病気も乗り越え、
厳しい芸能界にあり、色あせることなく、いつも一線で活躍し、
人々に感動を与え続けている。
40年の歴史は胸にせまるものがあった。

 

まだまだ活躍して欲しい逸材の桑田佳祐さんとサザンオールスターズ。
きっとずっと走り続ける。

 

 

 

 

 

 

お馴染みの野良ちゃんたち

 

IMG_1188  IMG_1195 IMG_1191

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界幸福度ランキング2019年 ~ 鎌田實先生のコラムから

2019/05/24


 

日本の幸福度ランキングは今年4位下げ58位だという。
またその中で,
人生の選択の自由64位
社会的寛容さ92位

 

鎌田先生は、このランキングを見る限り、
日本は“自由度が低く寛容さのない息苦しい国”と言っている。
また、“それぞれの人が好きなことをやっていて、それを温かく見守る社会の方が、社会として厚みがあります”
“何かあった時に対応でき、新しい発見が生まれやすい”
“どうしたら自由で寛容な社会になるのだろうか。
それは《共感》という想像力が必要になる。“と、述べている。

 

共感とは、
相手の意見に寄りそうこと。
相手を理解する事。
深呼吸をするように心を広げれば、広がった空間に温かい心が入り込む。

 

最近の風潮は全く逆行。
反対意見に対して、耳を覆いたくなるような他者への憎しみの暴言。
ブレーキの利かなくなった世界に、
どうしたら《共感》という想像力が育つのだろうか、
絶望的になる。

 

 

 

 

 

 

新緑のクレマチスの丘

 

IMG_1144  IMG_1167

 

IMG_1172  IMG_1153  IMG_1163

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
お問い合わせ