title-%e7%94%9f%e5%be%92%e3%81%95%e3%82%93-2

BLOG

マクロン大統領

2017/07/31


 

マクロン氏はトランプ氏の来仏時の記者会見で英語を使った。
歴代大統領は、
英語が出来ても「英語の覇権に対抗する」として
フランス語ナショナリズムを死守していた。

 

極右のルペン氏を応援したトランプ氏に対し、
和解の昼食会でもてなし、何のこだわりもなく振舞った。

 

相手の懐に入って、
巧みに関係を作り説得する柔軟さを持ち合わせている。

 

日本の政治家で、これをできる人が果たして居るのか。
人間の成熟度の違いか、
揉み手しながら、平身低頭するだけ。

 

また、マクロン氏は、
文学や文化への造詣も大変深く
歴代大統領の中でも群を抜いて教養があるらしい。

 

その点も、日本の政治家の中には見当たらない。

 

また、25歳年上のブリジット夫人
若くなければ女じゃないという旧態然とした男社会の日本では考えられないこと。
かわいい子が好きな日本の男性にはきっと理解不能。

 

フランスでは、その点だけが取り上げられることはなく、
珍しいことではない。

 

日本だったら、
前夫、子供、親たち、友人、まわり中を巻き込んで詮索され、
ああでも、こうでも、と有ること無いこと言われるだろう。

 

Sophisticateなstylishな大人社会の中で、
出会った二人は、知性と感性が響きあい、運命の出会いをしたのだろう。
何とも羨ましい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170728142035

20170728141947

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話題の人

2017/07/21


 

今、最も注目を集めている人、
前川文部省前事務次官、公立夜間中学講師。
正義の味方、スーパーマン登場。
政治とかにあまり興味のない普通のおばさんたちにも絶大な人気を集めている。

 

女性は特に、不正が嫌い。
男性はしょうがないんじゃないのとか、どこにでもあるよとか、曖昧。
特におばさんは、”ズルいことや嘘つきにはテンションが上がる。

 

彼の唱える信条;
基本的人権、平和主義、民主主義、教育等々を
分かりやすく、力むことなく理路整然と話す。

 

威風堂々として、何事も恐れぬ潔さ。ほとばしる程の頭脳明晰さ、偉そうでなく自然体。
人間として優れた特性のすべてを兼ね備えていると思う。

 

公務員試験4番とか、世界シェア75%の会社の御曹司とか、
祖父が村上春樹もいた和敬塾の創設者とか、
親戚には誰それが、とか・・・
そんなこと微塵にも出さず、
凛とした武士道精神を持った人という感じ。

 

今や日本中の女性が大ファン。
正義のために戦って!
みんなが応援している。

 

話題の時事英語:
Voter anger      国民の怒り
Influence peddling 地位を悪用して不正を行うこと
Approval ratings   支持率
Cabinet reshuffle  内閣改造
Whistle blowing   内部告発

 

 

 

 

 

 

 

20170715170738  20170715170914

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉の壁 -小川糸さん

2017/07/07


 

このブログでもたびたび登場する小川糸さんが
ドイツ語の勉強を始めたというコラムから。

 

彼女はベルリンに長期滞在を繰り返し、
言葉の壁を感じたことはなかった。

 

が、犬をベルリンまで初めて連れて行って散歩していた時、
犬友ママ達と交わす簡単な会話が全くできず、
言葉の壁を痛烈に感じで孤独感におちいったという。

 

ベルリンを諦めるか、
ドイツ語を習得するか、
悩んだ末、
ドイツ語を話しベルリンとの関係をより深めることを選んだ。

 

『40代の、大きな目標ができた。
人生のある時期を、日本を離れて暮らすのもいいのではないかと考えたのだ。
そうすれば、より日本を客観的に見ることができる。』

 

世界中からの様々な職業の生徒さんと
一日4時間ほどの授業を週5日間学ぶ。
予習復習をしっかりやらないと授業についていけない。

 

『いい歳をした大人たちが名前や趣味を聞きあったり、
幼稚園のようだが、
先生は、
どうやったら頭の中に生きたドイツ語が浸透するかを
考えながら授業を進めてくれる。』

 

『難しいと思うともっと難しくなるから、
ドイツ語なんて簡単、と自分で自分に言い聞かせている。』

 

糸さんがどのくらい話せるようになったか、
次回のコラムが楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170625173125  20170707135137

 

 

20170707135214

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤング・ソルジャー

2017/06/26


 

名前だけしか知らなかった石田禮助の生涯を描いた
「粗にして野だが卑ではない」by城山三郎を読んだ。

 

三井物産時代ほとんどを海外で過ごし社長歴任後、
誰も引き受けなかった国鉄総裁を78歳で引き受けた。

 

商売で生きた後は、パブリック・サービス、世のために尽くす、
それでパスポート・フォア・ヘブン(天国への旅券)が与えられるといった。

 

また、記者会見で彼の年を懸念する記者の発言に、
気持ちはヤング・ソルジャーだと。
Generalではなくsoldier、
本物のソルジャーは、自分を犠牲にして耐えて耐え抜く人。

 

また、パブリック・サービスに属する仕事は
給与をうけるべきではないという持論で受け取らなかった。

 

パブリック・サービスに属する人々がただ乗りして、
卑しく感じないのかと、
優待パスもすべて返上、
接待ゴルフも禁止。

 

卑怯を憎み、高いモラルを持って
豪快に潔く生きた石田禮助氏。

 

石田氏が国鉄を去る時
前例のないことに、野党議員も別れを惜しみ宴席を設けた。
あまりの嬉しさに超高級店で、
もちろん自腹でお返しした。

 

正義感の強い明治の硬骨漢の石田氏のような人はどこにもいない。

 

粗で野で卑の三拍子そろったパブリック・サーバントばかり、
パスポート・フォア・ヘブン、欲しくないのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170623125933

 

 

 

20170623130141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知的レベル

2017/06/13


 

東大教授の安富歩さんが、メヂィア時評(毎日新聞)で
“タブーを恐れるな”と題しコメントを書いている。

 

彼は英国留学中に日本では見ないテレビと新聞に魅了されたとか。
「日本に比べて知的で刺激的で遊び心に満ちており、
とてつもなく面白く感じたのである」

 

日本に帰り、
「耐え難いくらいに退屈にみえた。
メヂィアの忖度ぶりは、一層ひどくなっている」

 

BBC2の当時のキャッチフレーッズは“私たちはタブーを恐れません“

 

この間の選挙の前も”She is a liar”
というコミカルなリズムの歌が流れていた。
“You can trust her? NO, NO, NO,.NO!

 

さすがイギリス、シニカルで嫌味たっぷりだが、
思わず笑っちゃう抜群のユーモアセンス。

 

それに比べて、日本では。
忖度を通り越して、べったりの御用新聞の大本営発表。
また、テレビは“知的貧困”をこれでもかとさらけ出している人々・番組。

 

真面目とか、誠実とか、やさしさとか、努力とか、が追いやられ、
いい加減さや不真面目さや軽薄さなどが真ん中にある。

 

やっぱりおかしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170524161614

 

 

20170524162139 20170524161446

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本でいちばん大切にしたい会社 ―坂本光司

2017/05/26


 

友人の大橋良さんのブックフェアで手に取った本。

 

彼のお勧めで読んでみた。

 

あまり知られていない中小企業の経営者たちの心を打つ経営哲学。
彼らの感動的語録に心打たれた。

 

その一つが中村ブレイズ。
石見銀山に本社がある義肢装具メーカー。
まだ日本には義肢という概念も製品も存在していない時代1974年創業。

 

社長の中村氏は、働きながら学び、渡米もし、
世のため、人のために貢献できる仕事としたいと技術を学び、
故郷に会社を作った。

 

中村ブレイズの製品はすべて手作り、
一人ひとりのお客様に対応したものを作らなければならない。

 

必要なものを必要としている人に…、
世界に一つしかない本当の物づくり…というコンセプト

 

”五体不満足の方や高齢者の方、いわば社会的弱者の方々が
人間の尊厳を失わずに生きていく事を支える会社“

 

医療や福祉関係、介護等に関する製品が少ないのは、
責任と手間がかかるため、利益に見合わないということらしい。

 

物づくり大国日本は、
効率のみを追及するのではなく、
弱者のための物づくりこそ、器用な日本人の真骨頂ではないか。

 

倫理観などお構いなしで利潤追求。
自分さえよければそれで良し、とする感謝を忘れた新自由主義。
世のため、人の為にという大会社の企業人が見当たらなくなって久しい。

 

 

 

友人Yさんの百花繚乱の庭園

 

 

 

 

 

20170524162409  IMG_1568  

 

 

  20170524162139  IMG_1562

 

 

20170524162918  20170524162545

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日STから――阿部祐二さんインタビュー

2017/05/12


 

ワイドショウ的テレビは見ないので、

 

リポーターの阿部祐二さんの事はあまり知らないが、
彼の外国語に対する熱い思いのインタビューが
Japan times STに載っていた。

 

彼は留学経験も海外生活も経験ないが、
英語と韓国語は通訳なしでインタビュー出来るという。

 

“There are no shortcuts.” he said. “I’ve functioned on about three hours of sleep a day since I was 14. ………….
If I allowed myself to take a break, the English falls away. It has to be practiced, if not daily then on a regular basis, otherwise it disappears.

 

………mastering a foreign language is similar to becoming an athlete ———–
English is like a muscle in the brain that must be exercised and toned relentlessly, otherwise it goes slack.
—–The only route is to work hard, every day.

 

外国語習得は日々の努力の積み重ね、
少しでも怠ると、せっかくの努力も泡と消える。
アスリートの筋肉のように、努力し続けなければ落ちてしまう。
日々の努力のみ、近道も王道もない。

 

生徒さんにもいつも言っている。
一旦遠ざかってしまうと、ゼロになってしまうのが語学。
”これで良し”は無い。

 

その言葉を守ってくれているのか、
リッチモンドスクールの生徒さんは
平均10年以上は通ってくれている。
有難いと同時に責任重大だ。

 

 

 

 

 

 

20170502120034

 

 

 

20170502120008  20170502120203

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しい口コミ

2017/05/01


 

現在EPARKというサイトを通したキャンペーンで、

体験レッスンの大安売りを開催している。
先日いらした生徒さんが非常に好意的なコメントをEPARKに記載して下さった。

 

「教室はアットホームな雰囲気で、事前にこちらの英語力や、
やりたいこと等の希望もメールで聞いてくださいました。」

 

「本当に久しぶりの英会話で、自信がなく、行く前は心配で少し憂鬱だったのですが、
行ってみて、本当に楽しくて、行ってよかったです。
英語頑張ろうって思えました。
また、先生に会いたいので、参加したいなぁと思いました。」

 

講師の方に対する評価:
「先生は、もう本当最高です。
まだお若いですが、とても暖かい感じで、優しくて、
日本語でコミュニケーションできるので
(詳しくは会ってのお楽しみで、詳細は書きませんが)、
英語だけだと心配な私のような人でも、全然大丈夫です。」

 

「先生とのおしゃべりが楽しいので、あっという間の一時間でした。
終わった後は、英語もっと頑張ろうって思わせてもらえました。」

 

 

講師はLena
彼女はコメント通りの非の打ちどころのない講師。
利発で、エネルギーあふれ、やさしく暖かい。
この様な若者に最近お目にかかったことがない。
リッチモンドスクールの財産だ。

 

老婆心ながら、
頭脳明晰、心身ともに優秀な若い彼女が
幸せな人生を送れるような世の中であって欲しいと心から思う。

 

最後にS.S.さま
最大級のコメントありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

   20170429100909

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界から見た日本は?

2017/04/21


 

高校まで日本で、大学から現在までパリで40年以上過ごしている友人が

 

息子さんの転勤で日本に一時帰国している。

 

息子さん(日本人母とインド人父で、生まれ育ちはフランス、奥さんはパリジェンヌ)
本当のコスモポリタン。
日本語、フランス語、英語、インドの言語数種を不自由なく話す。

 

彼は、日本滞在が3年になり、フランスに帰国する。
フランスにいる時は、フランスの嫌なところが目につき、
日本にいると、日本の悪いところが目につくと。

 

でも、やはり最近の日本の政治はひど過ぎ、人々の無知も酷いと言う。
少なくともフランスでは、もう少し政治に関して民衆の関心があると。
特に日本男性の無関心さには唖然とすると・・・。

 

彼のママである友人は、
東日本大震災の時は、大学で音楽を教えていた。
同僚たちは慰めてくれたというよりは、福島の原子力爆発を非難したという。
世界中に放射能をまき散らし
海を汚し大気を汚染し、どうしてくれるんだと、
日本の無責任さに非難ごうごうだったらしい。

 

今でも、世界中に迷惑をかけているのに、オリンピックどころではないだろうと
オリンピック開催を嘲笑しているとか。
中国人の図々しさの次に、日本人は嫌われ始めていると。

 

彼女はルペンが大統領になったらフランスを捨てると言っているが、
日本も最悪だし、安住の地は何処にあるのかしらと、嘆いていた。

 

 

 

 

 

 

20170410113713

 

 

20170413101544

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉松整形外科と無言館と別所温泉

2017/04/03


 

英語の生徒さんでもあった友人のYさんが、
シェットランドシープドッグのレオンちゃんと共に故郷の上田に帰り、
整形外科医院を開業した。

 

上田市郊外で
遠くに山並みが見え、陽の光にゆったりと包まれた素敵な診療所だった。

 

開業して間もないのに、
一日100人以上の患者さんを診ているとか、
超小柄な女医さんは、張り切っている。

 

上田に来たら、
行きたかった無言館。
戦没画学生の慰霊美術館。

 

“無言館は戦死した画学生たちの単なる美術館ではなく、
今もそこに生き続けている絵たちの美術館である。“
――開設者の窪島誠一郎――

 

しーんとして魂が息づいているような張りつめた空気感。

 

若き才能が理不尽にも戦争で奪われ、その無念の叫びが聞こえてきそうだ。
また、遺族たちが、あの戦禍の中、大切に保存していたことにも胸打たれる。

 

開設されて13年。
年々、来館者が少なくなり、
また、遺族も亡くなって、絵画や情報収集も困難になりつつあるとか。

 

戦争の足音が近づきつつある昨今こそ、
戦争の悲しみが詰まった無言館に沢山の人に訪れて欲しい。

 

そして郷愁の別所温泉。
信州の鎌倉と呼ばれている古い温泉街。

 

4・5歳の子供の頃、父が出張していた町立病院があり、
時々、父を訪ねて家族で過ごした花屋ホテル。
消えゆく記憶をたどると、
其処ここに何年も変わらぬ原風景があった。

 

 

 

 

 

 

 

上田の武家屋敷

 

 

 

20170326141222

 

 

20170326142947

 

 

20170327120244

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
お問い合わせ